Pages

Categories

Posts

Projects

    基本情報

    社名
    株式会社八木ビジネスコンサルタント
    英語表記
    Yagi Business Consultant,Inc.
    代表取締役
    長谷川 公俊(はせがわ きみとし)
    設立
    1984年4月
    資本金
    2,000万円
    本社
    〒101-0041
    東京都千代田区神田須田町2-17 神田INビル4階

    代表・管理部・ICTソリューション部
    TEL 03-3258-7588
    FAX 03-3258-7599
    取引銀行
    三菱UFJ銀行 秋葉原駅前支店
    従業員数
    37名<正社員32名 / 契約社員5名>
    (2018年1月現在)
    認証取得
    ISMS認証取得(2006年3月)
    ISO/IEC27001:2013移行(2015年3月)
    加盟団体
    東京商工会議所
    許認可
    一般労働者派遣事業 派13-304672
    労働者派遣法第23条第5項に基づく情報提供

    主要取引先

    • 出光興産株式会社およびグループ会社
    • 株式会社インテック
    • 株式会社ECH
    • SAPジャパン株式会社
    • SCSK株式会社
    • 株式会社NTTグローバルソリューションズ
    • JFEシステムズ株式会社
    • 日本オラクル株式会社
    • 日本ユニシス株式会社
    • 株式会社ノムラシステムコーポレーション
    • 富士通株式会社
    • 株式会社フォーカスシステムズ
    • 株式会社ユアソフト
    • 菱洋エレクトロ株式会社
    • 菱電商事株式会社
    • 株式会社レコチョク ほか

    沿革

    2012年10月 仙台事業所を「株式会社YBC仙台」として分社化
    2010年03月 一般労働者派遣事業参画
    2009年04月 ERPパッケージ(RossERP)事業参画
    2008年04月 神田INビル5階に本社事務所を増設し、本社分室を統合
    2007年05月 千代田区岩本町SYビルに本社分室を開設
    2007年03月 情報セキュリティマネジメントシステム JIS Q 27001:2006 ISO/IEC27001:2005 認証取得
    2006年12月 SAPシステムの保守センター(Application Management Outsourcing)事業開始
    2006年03月 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証取得
    2005年04月 SAP Business Oneのセールスパートナーに登録
    2004年03月 販売管理システムのパッケージ販売開始
    2001年05月 出光興産(株)から「イーパックシステムズ株式会社」に出資(45%)SAP R/3事業を本格的に展開
    2001年01月 SAP R/3に特化した「イーパックシステムズ株式会社」を当社100%出資で設立
    2000年04月 Oracle社のOracle EBSによるシステム開発に着手
    1999年08月 住商情報システム(現SCSK)のProActiveによるシステム構築に着手
    1996年10月 SAP R/3の開発に着手、クライアント/サーバのシステム構築部門の設立
    1993年10月 「株式会社N&Iシステムズ」の設立に関与し関連会社となる
    1990年06月 資本金を2,000万円に増資
    1989年11月 宮城県仙台市に営業所開設
    1986年07月 特定労働者派遣事業参画
    1984年04月 大型汎用コンピュータのソフトウェア開発会社(資本金:600万円)として設立

    ISMSについて

    安全安心の環境下での開発・保守業務のため、改善改良を進めております。

    ISMSとは、Information Security Management System(情報セキュリティマネジメントシステム)の略。
    ネットワークの拡大拡張、情報機器の多様化に伴い、情報セキュリティにおいて、多くの問題が発生しています。
    弊社では、2006年3月に認証を取得したのを皮切りに、維持・運営し続けております。

    毎年、見直される第3者認証機関による審査はクリア。
    日々その精度を高め、安全な環境で開発・保守業務を行えるよう、改善向上に努めています。

    インターネット上による改ざん。ウイルス感染による情報破壊、スパイウェア、マルウェアによる情報漏洩。
    ハードウェア障害/ソフトウェア障害などのトラブル。
    また、関係者による情報改ざん、漏洩など。
    情報をめぐるトラブルは滞ることはありません。

    各企業にとって、お客様や自社の情報資産保護の強化は、今まで以上に高まっております。

    ISMSは企業・組織が保護するべき情報資産を把握・評価し、機密性・完全性・可用性のバランスを維持しながら、改善改良していくシステムを指します。
    ISO27001(ISO/IEC27001:2013)として認証基準が定められた国際規格になっております。
    この規格の認証は、第三者の認証機関が適合性を評価し、適合している組織に与えられます。